繊細さんが世界をつくってきた。のかも。笑

はじめに私は繊細さんです。(光や音、香り、五感が敏感という性質として繊細さんです。)

長年、感覚で生きてきました。40にして色々学び始め興奮することが多くあります。

ずっと香りに音階があると言ってきました。周りは不思議に思っていたようですが。勉強してみると『精油の香りは、ノートによって分けることができます。ノートとは、揮発速度のことで、揮発速度が速いもの、中間のもの、遅いものの3種類にわけられます。これら3種類は、揮発速度が早いものから、トップノート、ミドルノート、ベースノートと言われます。』https://www.timeless-edition.com/archives/2394さんより引用させていただきました。

と言う事で、揮発のスピードを感じていたのです。香りを確かめながらピアノを弾くことをしてみると、ベルガモットはミの音だったり。そんな感じです。

小さい頃はお盆に親戚の家をまわるのですが、入れる家と入れない家がありました。今過去を思い出してみて、頑張ってでてきた記憶をたどると、湿気の多さや光の量、風の入りを感じていたように感じます。

それでマクロビオティックを学んでいるときに陰陽を知り、学ぶに連れて「え、、わたしただこの世界の陰陽を感じ取っていただけなんだ」とわかってきたのです。

そして桜沢如一先生の本に出会いとても嬉しくなりました。

そして、中国の帝王フッキ(伏羲)さんが万象を観察して陰陽の原理を発見したという話しに、フッキさんはきっと繊細さんだったのかも!と。

あ、この世界はこうやって目に見えないものを繊細さんが形にしてきたんだ。と勝手に思って、勝手に感動しています。笑

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる